大切な人のためならどんな障害も関係ない。亡くなったおばあちゃんが僕にしてくれたことを、僕は忘れない

生後一ヶ月の僕はものすごくガリガリだった。母親は縁もゆかりもないドイツで僕をうみ、育児ノイローゼで母乳を与えることができなかった。そんなとき助けてくれたのは、おばあちゃんだった。