反抗期真っ盛りだった中2の時のテスト解答がヤバ過ぎて死ねる。

 

f:id:azuma-excited:20160324000658p:plain


 

掃除をしてたら、見つけてしまったんです。

ええ、中1の歴史の答案用紙を。

歴史嫌いだったけど、ここまで反抗したとは。

こ・こ・ま・で・と・は!!

 

 

まず、やる気がない

問「第二次世界大戦が集結したのはいつでしょう?」

答えはもちろん1945年8月15日
日本人なら絶対知っていなくてはいけない問題。

僕の答え。

「1991年9月20日」

それ、自分の誕生日!!

 

ふざけてる

続いての問題はこちら。
よくある穴埋め問題です。

 

問「天皇は、日本国の(   )であり日本の国民の統合の(  )であって・・・」

空欄に入るのはもちろん「象徴
常識問題。

僕の答え。


「権力者」



怖!!!

天皇は日本国の権力者て!!笑
めちゃくちゃ言いますねー

 


続いても穴埋め

「1871年、公家出身の(岩倉具視)を大使として、欧米への使節団が派遣された。この使節団には、のちに女子英学塾を創設した8歳の(津田梅子)も留学生として参加していた。
・・・その後1875年の(江華島)事件をきっかけに、日本は朝鮮に圧力をかけ、朝鮮にとって不平等な条約を結ばせた。

・・・一方政府は、早く国会を開きイギリス流の政党政治を目指すよう主張していた(大隈重信)をやめさせ・・・民間では憲法私案として、五日市憲法などの(私擬)憲法が作られた・・・」


僕の答え。


「1871年、公家出身の(を大使として、欧米への使節団が派遣された。この使節団には、のちに女子英学塾を創設した8歳の(女の子)も留学生として参加していた。
・・・その後1875年の(例の)事件をきっかけに、日本は朝鮮に圧力をかけ、朝鮮にとって不平等な条約を結ばせた。

・・・一方政府は、早く国会を開きイギリス流の政党政治を目指すよう主張していた()をやめさせ・・・民間では憲法私案として、五日市憲法などの(厳しい)憲法が作られた・・・」

 

 

ちがーーーーーう!!
そういう意味の穴埋めじゃありませんから!!
ちゃんとルールは守りましょう。
ええ。


自分を自分で殴りたい

そんで、上の問題の続きで 、

問「使節団が達成できなった目的とはなんですか?」

 

答えは「条約の改正
まぁ、岩倉使節団を知らない時点でこの問題も出来ないだろうけど・・・
僕の答え。

 

「自分も留学したいという密かな野望」


天晴れ!!
最早、ここまでくると清々しい!

 

そして、最後の極め付けはこちら。

問「征夷大将軍となった徳川家康がその地位をわずか2年余りで子の秀忠に譲ったのはなぜか」

 

答えは「徳川家が将軍職を世襲し、政権を握り続けることを示すため

 

解答:

もうその征夷大将軍という生活に飽き飽きしていたから

 

もうね。
ほんと。
アホか!!
従業聞いてないの丸出し、この答え方もムカツクよね。

 

最後に

僕は小学校まで興味のある数学しか勉強を頑張ってこなかったけれど、中2のある先生のお陰で他の科目へも興味を持ち始めるようになりました。

反抗期とはいえ、ここまでふざけてる昔の僕をぶん殴りたいし、こんな僕を見捨てずに面白い勉強の仕方を教えてくれた先生には本当に頭が上がらない。

なんだかんだ、出会いや環境って大事ですね。
以上、こんなふざけた答案用氏を見て感じたことです。笑

 

---

現在、読者募集中です!読者登録して頂けると、すごいうれしいです。